関節が痛い時に疑われる病気とは

関節に痛みを感じた時、それは病気であるサインかもしれません。関節痛から考えられる病気はいくつかあります。関節が痛い時に疑われる病気をご紹介していきます。

 

強皮症

 

強皮症は、皮膚が硬くなる症状であるまれな病気になります。幼児から高齢者まで男女問わず発症する病気ですが、主に30〜50代の女性がなりやすいと言われています。手指から体の中心に向かって皮膚が硬くなったり、寒い時や体が冷えた時のように紫色になるなどの症状が起こります。

 

アレルギー性肉芽腫性血管炎

 

アレルギー性肉芽腫性血管炎は、血管炎症候群と呼ばれる血管炎を原因とした病気になります。発熱や筋肉痛、手足のしびれや体重減少などの症状が起こります。

 

 

関節リウマチ

 

関節リウマチは主に30〜50代の女性がなりやすい病気で、全身の関節にこわばるため、はれや痛みを伴い、場合によっては進行すると関節が壊れることもあります。手指などの朝のこわばりが特徴な症状と言えます。

 

多発性筋炎・皮膚筋炎

 

多発性筋炎・皮膚筋炎はゆっくりと筋力の低下が起こり、筋肉痛や眼瞼部のはれ・紫赤色になるなどの症状があります。

 

痛風

 

急に脚の親指の付け根に激痛が走ったりと急に痛みを伴いますがこの発作は1〜2週間ほどで自然に治まると言われいます。

 

ペルテス病

 

ペルテス病は3〜10代前半の男の子に多い病気です。歩く様子がおかしいなどの症状があります。

 

このように関節が痛いときに考えられる病気はいくつもあります。痛みを我慢せず、痛みを感じたらすぐに病院で受診してもらうことが大切です。