足に起こる関節痛

足首や足の指が痛い、そう感じたことはありませんか?ぶつけた覚えはないのに痛むとなると不安になるものです。それは足の関節痛の可能性があります。関節痛は体の様々な部分にできるものなので足に症状が現れる方も多いです。関節痛は年齢を重ねるとともに軟骨がすり減って炎症を起こし痛みに繋がります。人によって軽度から重度、また現れる場所も異なりますが足に起こる関節痛となるとどのような原因があるのでしょうか。足が痛むと足の関節痛というより知らず知らずのうちにぶつけたかもと思う方が多いと思います。足に起こる関節痛の原因はいくつかあります。

 

痛風

 

痛風は足の親指に突然激痛が起こる病気です。ひどくなると痛みは足の親指だけではなく、かかとなどにも発生します。原因はストレス、激しい運動などが考えられます。

 

変形性足関節症

 

変形性足関節症は、年を重ねると起こる軟骨のすり減りが原因と言えます。変形性足関節症は、歩き始めるとき、または長時間立ち仕事をしていると痛みを感じます。悪化すると歩くことまで困難になります。

 

加齢に伴い起きてしまう関節痛は、誰にでも起こってしまうものですが足が痛いと感じたとき、痛みを少しでも和らげることはできます。まず足を痛めないために正座など足に負担のかかる姿勢は避けましょう。長時間同じ姿勢でいたり、長時間の歩行はよくありません。痛風の場合は、生活習慣を見直すことが予防法になります。生活習慣となるとストレスをためない、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動で適度な運動、栄養のある食生活が大切になります。