肩関節痛の病気

関節痛の痛みは突然やってきます。関節痛の痛みは体の様々な部分に起こり、特に多いのが肩の痛みです。一般的に四十・五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎は40代と50代に多く見られるもので稀に若い世代にも見られます。40代〜50代になると、肩周辺の腱の性質は変わってきます。そのためちょっとしたことで腱は傷ついてしまい、炎症が起こってしまうのです。

 

この肩関節周囲炎は、はっきりとした原因がわかるものもあれば原因がはっきりしないものまであります。脱臼しやすい肩は10〜20代の若い世代に多いです。スポーツをしているときに転んで手をついたことによりはずれたりします。ほとんどははずれてもすぐに元に戻る亜脱臼が多いです。

 

腱板損傷と言って40代くらいから起こる病気があります。老化現象により断裂の危険性は高まり、原因は人それぞれです。
治療は痛み止め注射などを行い、数か月ほどで肩を上げられるようになりますが、肩が十分に回復しない場合は手術になります。肩の関節痛の痛みは人によって様々です。

 

加齢によって筋肉の筋力は低下してしまうものでこのような関節痛が起こります。そのため誰にでも起こりやすい病気なのです。
また、運動のしすぎは関節への負担がかかり関節痛が起こります。特に間違ったフォームをしていたり、肩ばかりを使って負担をかけていると肩関節痛になりやすいです。

 

運動不足も大きな原因になります。運動不足は肩の筋肉が痩せていくので体を支える力が弱まります。そのためウォーキング、ジョギングなど適度な有酸素運動を取り入れることが大切です。