風邪と体の痛み

朝起きたら体のあちこちが痛くなるという時があるのではないでしょうか?体のあちこちが痛く、寒気もするから風邪かな?と風邪を疑う方が多いです。風邪と体の痛みは深く関係しているので体が痛くて寒気となると風邪を真っ先に考えるため関節痛と気づかない方も多いです。熱はないから何が原因なんだろう?なにかの病気かな?と考えれば考えるほどどんどん不安になるものです。

 

熱はないのに体が痛い

 

熱があると体は痛くなると言われています。しかし、熱がなくても体は痛むことがあります。でもなぜ体温測定時は熱がないのでしょうか。それはその時熱がないとしても前兆として体が痛くなることがあるからです。自分で気付かない間に熱が出て、その時の汗が体温を奪って体温測定時には熱が下がっている、もしくは時間差で熱が出るということがあります。風邪の時に関節痛に悩まされるものですが、風邪をひいたからといって熱と体の痛みが重なるとは限らないのです。

 

風邪の関節痛を治す方法は風邪の完治

 

風邪を完治させると関節痛もよくなります。痛みがひどい時は、熱を下げる効果のある解熱剤がいいでしょう。いわゆる風邪の副次作用とも言われる関節痛。症状が長く続けば免疫が自らの体を攻撃してしまう膠原病という病気の可能性があります。
関節炎を起こすため早めに病院で診察してもらう事が大切です。普段から風邪の予防として手洗い、うがい、マスクも徹底し、ウイルスを侵入させない体作りも大切です。