関節痛の痛みの現れは様々

年を重ねると筋力も低下し、神経痛や関節痛に悩まされる方も多いと思います。加齢によるものなので関節痛は誰にでも起こりやすいものです。

 

関節痛は、関節の炎症により痛みが起こるもので主に腰痛、肩、ひざの痛みが有名です。関節痛の痛む部分が様々なように痛みの現れ方も人それぞれであるため様々です。冷えにより生じる寒冷痛や、押すと痛みを感じる圧迫痛、精神的なストレスから起こる心因痛や、炎症で痛みを感じる自発痛などがあります。

 

関節痛の原因も様々です。一般的に考えられるのは加齢によるものです。加齢の他に考えられる原因は激しい運動があります。激しい運動は、ひざや腕の関節部分に負担がかかってしまうのでそこから関節痛が起こります。また、肥満も関節痛の原因と言えます。体重が重くなると関節は体を支えきれなくなるので関節に負担がかかり関節痛が起こります。運動のやりすぎはよくありませんが、運動不足も関節痛の原因となります。

 

また、季節により関節痛の痛みの度合いが変わることがあります。特に冬であれば気温は低くなり体は冷えやすくなります。朝晩は特に寒さが厳しくなるため体は冷えて血行が悪くなります。関節をスムーズに動かすためには酸素と栄養素が必要になるので血行が悪ければ酸素と栄養素の流れは悪くなり冬になると関節痛に悩まされる方が多いのです。そのため、体が温まる温かい飲み物を飲んだり服装にも配慮して体を冷やさないようにすることが大切です。