関節痛の原因

関節に痛みを感じたり、なんだか腫れてると感じたことはありませんか?
関節痛とは、ひざやひじ、足腰などの体の様々な部分にある関節が
痛みを感じたり、動かしにくくなったりすることを言います。
ではこの関節痛の原因とは何が考えられるのでしょうか?
関節痛には運動、病気など様々な原因が考えられます。

 

●関節痛を感じる時

 

関節痛を感じる時は人それぞれですが、主に多いのが
朝起きたあとだったり長時間同じ姿勢でいたり、
寒い時期になると特に関節の痛みを感じるようになります。

 

●関節痛を起こした時の症状

 

関節痛を起こしたときは、固まって動かなくなったり
何もしないのに痛んだりする場合があります。
関節痛を起こしたときの症状は人それぞれであり、
押したときだけ痛むという人もいます。
さらに一箇所だけ痛む人もいれば、複数の関節が痛むという人もいます。
痛む部分も人によって異なります。
この痛む部分によっては病気を特定するポイントとなります。

 

●関節痛の原因

 

代表的な原因となるのが、変形性関節症と関節リウマチです。
この変形性関節症は関節の老化のことであり、加齢とともに誰でも起こります。
人の関節は、軟骨がクッションとなっているためスムーズに動かすことができます。
しかし、この軟骨は加齢とともにもろくなるのでこの痛みは誰でも起こるのです。
変形性関節症は運動不足の人や関節に負担をかけている人、肥満気味の人になりやすいです。
さらに中高年でスポーツを始めた人であれば過度の運動による関節障害が多いと言えます。

 

痛みを感じた時は多くの人が湿布などを使用して
自己治癒しているのではないのでしょうか?
自己治癒は一時的に痛みが治まってもどんどん悪化してしまう可能性があるので
関節に痛みを感じた時は原因をよく知り早めの対処が大切です。
日常生活でも適度な運動や関節に負担をかけないなど、心掛けるようにすることが大切です。

 

778文字