関節痛 サプリ

 

関節痛に良い人気のサプリ成分は?

 

腰が痛い、体のあちこちが痛む、そのような時は関節痛の可能性が高いです。
年齢を重ねるとともに筋力は低下していくため老化によるものでもあります。
そのため誰にでも起こりやすいのが関節通なのです。
関節痛対策にはサプリがいいと言われていますが、
関節痛にいい人気のサプリ成分はどのようなものがあるのでしょうか?

 

●グルコサミン

 

グルコサミンは糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖です。
関節軟骨を形成する原料となり、関節軟骨を修復する役割があるため
関節にいい成分と言われています。

 

●ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類の一種です。
関節軟骨などに含まれる成分であり、関節の動きをよくする役割があります。

 

●コンドロイチン

 

コンドロイチンは、ムコ多糖の一種で結合組織に含まれます。
コンドロイチンは、関節や軟骨など弾力が必要な場所に欠かせない成分であり、
お肌のハリにもいいと言われています。

 

関節痛にいいサプリ成分はこのように様々です。
特に関節痛にいいサプリ成分と言えば一般的にグルコサミンが有名です。
このグルコサミン、実は種類があります。
グルコサミンの種類により、吸収されやすさなども変わってくるのです。
グルコサミンの中でも多くの利用者がいるのはN-アセチルグルコサミンです。
N-アセチルグルコサミンは分子が小さく、吸収されやすい特徴があります。
さらに他のグルコサミンにはない美肌効果もあるのです。
N-アセチルグルコサミンは、体内でヒアルロン酸を作る働きのサポート役でもあるので
美肌にも欠かせない成分なのです。

 

軟骨再生を助けるサプリ成分も忘れないように

 

朝起きたら体が痛い、階段を昇り降りした時に関節が痛む、
辛い腰痛に悩まされている、そんな経験はないでしょうか?
その痛みは関節痛が考えられます。
プロテオグリカンという言葉を聞いたことはありますでしょうか?
プロテオグリカンというのはサプリ成分であり、軟骨再生効果のある大切な成分になります。
たんぱく質に糖が結合した糖たんぱく質のことでプロテオグリカンは保水力に優れており、
美肌効果や変形性関節症の症状を緩和する効果もあるのです。
そもそも軟骨はなぜ減少するのでしょうか?

 

●軟骨が減少するのは?

 

軟骨は関節の骨と骨を結ぶ部分のことです。
この軟骨がすり減ることで関節症が起こります。
軟骨成分は年を重ねるごとに減少していきます。
そのため年を重ねるとどんどんすり減ってしまうのです。
さらに、肥満気味の人はひざの関節にかかる負担もあるため減りやすくなると言われています。
女性は男性に比べ、ひざの筋力は弱いので軟骨への負担が多いと言えます。
ここで軟骨再生をサポートするのがプロテオグリカンです。
しかし、プロテオグリカンも加齢により減少するのと同じでプロテオグリカンも他の成分と一緒に減少します。
このプロテオグリカンが減少すると関節痛になったりします。
減少したプロテオグリカンは食事、サプリメントで摂取できます。
プロテオグリカンは魚や牛の軟骨部分に多く含まれていますが、
熱してしまうと変性してしまうため食事での摂取は難しくなります。
プロテオグリカンのサプリメントであれば吸収率も高いため軟骨再生におすすめです。

 

関節痛サプリの効果は?

 

関節痛にはサプリメントがいいと言われていますが、気になるのはサプリの効果です。
年齢を重ねるごとに軟骨成分はどんどん減少していくため、関節に痛みを感じるようになります。
そのため軟骨成分を補わなければいけなくなります。
グルコサミンやコンドロイチンは軟骨成分と言われる成分ですが、食事での摂取が難しいものです。
そうなるとサプリメントで補うことになりますが、本当に補うことで効果はあるものなのかご紹介していきます。
サプリメントにも様々な種類があり、関節痛の代表的なひざの痛みはグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸などの成分がいいと言われています。
これらの成分を含むサプリメントは数多く販売されています。
このようにひざに効くなどの効果のあるサプリメントですが、
サプリメントにもメリット、デメリットがあります。

 

●デメリット

 

サプリメントは薬に比べると治るまで時間はかかります。
慢性痛のように痛みが続くものであれば効果は期待できません。
また、重度の関節痛への効果も薄いと言えます。
成分によりアレルギーを起こすことがあったり、他の薬との飲み合わせが
悪かったりすると悪化の原因になります。

 

●メリット

 

ひざの痛みなどが軽度な状態であれば、一定の効果は期待できます。
サプリメントは値段もお手頃で販売している店で手に入るため、
気軽に摂取できるというメリットがあります。
関節痛にいいサプリメントと言っても、医薬品とは違い食品扱いになるため
決められた用法、容量をしっかり守り、自己管理することです。
心配な場合は購入するときに相談したり、事前に医師に相談しましょう。

 

関節痛サプリの飲み方

 

関節が痛くなる関節通にはサプリメントが効果的と言われています。
しかし、効果的なサプリメントであっても注意する点があります。
その注意する点とは関節サプリメントの飲み方です。
関節痛にいいサプリメントであっても、飲み方を間違えると
逆に症状を悪化させてしまう危険性があります。
サプリメントを飲む時は事前に正しい飲み方を知っておく必要があります。

 

●コンドロイチンの飲み方

 

関節系サプリメント成分として有名なコンドロイチンですが、
同じく関節系サプリメント成分として有名なグルコサミンは、
一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。
一緒に摂取すると、コンドロイチンがグルコサミンの消化、吸収を
促進するため更に効果が期待できるのです。
コンドロイチンはヒアルロン酸と一緒に摂取するのもいいです。
ヒアルロン酸は、コンドロイチンと高分子複合体を形成するため
軟骨にクッション性を与えたり、美肌効果も期待できます。

 

●グルコサミンの飲み方

 

どのサプリメントにも言えることですが、用法、用量をしっかり守ることです。
効果を得たいからと言って、必要以上に飲むと症状悪化の原因になります。
また、決められた量より少なく飲む方もいますが、必要な量を摂取しなければ適切な効果は得られません。
グルコサミンが体内にいくつもある状態を作るためには、
1度の摂取より複数回に分けて飲むと吸収率は上がります。
軟骨を回復させる時にグルコサミンがなければ意味がないため、2〜3回に分けて飲むと効果的です。
サプリメントは食後の30分以内に摂取すると吸収率がアップするため食前より食後の摂取がおすすめです。

 

 

サプリ以外の関節痛対策

 

朝起きたら体のあちこちが痛い、そんな経験ありませんか?
体のあちこちが痛いとなるとそれは関節通の可能性があります。
関節通は軽度なものから重度なものまであります。
関節痛にはサプリメントが効果的と思う方も多いと思いますが、
サプリ以外の関節痛効果があるなら知っておきたいものです。
サプリ以外の関節痛対策をいくつかご紹介していきます。

 

●運動

 

関節痛と運動は大きく関係しています。
なぜなら運動不足が関節痛に繋がることもるからです。
そのため適度に運動することが大切になります。
適度な運動を行うことで関節への負担を減らしたり、筋力を支えたりすることができます。
おすすめの運動はストレッチやウォーキングです。
運動を始める前には十分な準備運動とやりすぎないということを心掛けましょう。

 

●薬

 

痛みが強いと感じた時は、消炎鎮痛剤を使って炎症を抑えることができます。
また、貼り薬や塗り薬、飲み薬などがあります。
ひざが痛い時等は無理に歩かないようにします。
一時的であってもテーピングは痛みを和らげることができます。
炎症を起こしてる場合は冷やして熱をとることです。
熱をとった後に湿布などを貼って冷やすと効果的です。

 

●食事

 

関節系成分となるグルコサミンはサプリメントでの摂取が有名ですが食事でも摂取できます。
グルコサミンは、おくらや山芋、ふかひれなどに含まれています。
ただ、食事での摂取の場合緒無い食材ばかり食べていると栄養が偏ってしまうため
食生活、食事内容はとても大切になります。

更新履歴